10月21日仮想通貨予報「ビットコインの日足分析」

最近はあまり大きな動きもなく、仮想通貨市場全体的にヨコヨコ展開が続いています。

今日はビットコインのチャートをみて簡単に今後の見解を書いていきます。

ビットコイン

一日足

写真をみていていくと、長く続いた三角持ち合いがそろそろ終わりに近づいてきています。どちらかに大きく動くことが予想されます。移動平均線も25日と75日が平行移動から少しずつ近づいてきており、現在は2つのせんが交わってきています。ここであがれば75日線が下に来るため形としては悪くない印象です。

雲を見ていくと、もうじきねじれ目の薄いところにはいります。

上抜けは多少しやすいかと思いますので、様子見が必要かと

思います。

まとめ

現状は非常に難しいポジションにあります。

繰り返しますが、大体のアルトは4月の底値より下にあります。(リップルは同じくらい)

ビットコインが三角持ち合いを抜ければ、ほかのアルトもぶち上がることが予想されます。現在現物を持っていない方は少し買っても良いかもしれません☆彡(私は最近は下目線から上目線になってきています)

しかしセリクラでビットコインが65万われることも十分に想定できます。くれぐれも全力買いだけはやめておくことをお勧めします^^;

※投資は自己責任ですのでご注意ください