理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の給料は安い!?やる事は何か?

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)として働いている方の大半は、「仕事内容と給料が見合っていない」「給料・年収が低い」「学生時代の苦労のわりに給料が安い」といった不満を抱えている方が多いと思います。

大半の場合、給料・年収が安い理由は「現在の職場環境」にあります。

よって、「現在の職場環境」を変えるために転職することで、給料・年収アップを目指すことは出来ます。

この記事を書いている、私自身も年収を150万円程度アップさせました。

写真は私の令和元年5月の給料明細です。

現在の職場での総支給額は約47万円でした。

以前の職場(平成2〇年)は総支給で30万円程度でしたのでこれだけ見ても大きく伸びていることがわかりますよね?

そこで今回は、給料の安さ・低年収・低所得に悩む、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方に向けて、「理学療法士の給料が安い理由」を書いていくと同時に、「給料・年収アップのために転職活動を成功させる秘訣」を書いていきます。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の給料が安い理由

セラピストの人数が増えてきている

特に理学療法士に関しては年々1万人以上の新人が誕生しており右肩上がりに増えてきている状況です。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が勤務する医療機関や施設での売上・財源が少ないために、労働するセラピスト1人に給与として支払われるお金が少ないこと。

これが、理学療法士の給料が低いことの原因の一つといえるでしょう。

介護分野では、今後ますます増える高齢者に対する介護従事者や医療従事者が求められるはずですが、それに対しての理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのスタッフに対する待遇は良くなっていないのが現状です。

リハビリテーションは売上が上がりにくい

リハビリテーションは「回数」ではなく「時間(分数)」ごとの売上になります。

また報酬も減少していることに加えて、1日辺りの時間制限(24単位まで)があるため、その性質上、どうしても医師などと比べて売上があがりにくい業態であることも、給料・年収が低いことの原因になってしまいます。

経験・スキルによって給料が上がることはほぼない

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は初任給こそ、気持ち程度は高いものの、昇給は雀の涙ほどですので、長く勤めても給料(年収)は上がりにくい傾向にあります。

PT・OT・STの昇格と昇給事情。 特に経験の浅い人は気になると思います。 そこで今日は主に病院や施設で働いている、リハビリ職の...

こちらに昇給と昇格事情をまとめているので気になる方はみてみてくださいね。

また残念なことにこの仕事は1年目の新人が治療しようが20年目のベテランが治療しようが診療報酬は変わらないという事です。

つまり誰がやっても売り上げは変わらないので給料を上げにくい要因に繋がっているのです。

「じゃあどうすれば理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が給料・年収をアップさせる事が出来るの?」となりますよね?

そこで下記に私自身も行った年収をあげる方法を書いていきます。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が給料を上げるためにはどうすべきか?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が今よりも給料・年収をアップさせるには、複数の方法があります。

・現在の職場で昇格を目指す

・一般企業へ転職する

・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士として良い転職先を見つける

だいたいこの3つになるかと思います。

私的におすすめなのが理学療法士・作業療法士・言語聴覚士として良い転職先を見つけることです。

特に理学療法士の平均年収406万円未満の方で、年収500万以上を目指したい理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方はこれが一番の近道であると思います。

理由はキャリアアップでは昇格すまでにかなり時間がかかること、そして一般企業では未経験のため年収500万円はすぐには難しいことが考えられるためです。

よって、良い条件の求人を探す方法を知り、実際に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士としての転職活動を始める事ができれば、給料・年収をあげることが出来ます。

ここからは、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が転職に成功するための「転職活動を成功させる秘訣」を書いていきます。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が転職活動を成功させる秘訣

無料の転職エージェントを必ず利用しよう

給料・年収など条件の良い病院や施設などへの転職を目指すのであれば、無料の転職エージェントの利用は必須です。

転職エージェントを使うことで、今の仕事を続けながら転職活動ができるので、生活費に困ることなく、条件の良い求人を見つけることができます。

無料の転職エージェントに登録するのメリットとしては

・登録や利用は無料

・自分の求める条件に合った求人を紹介してくれる

・転職先の内部事情を教えてくれる(職場の内部状況、昇給と昇格状況)

・施設見学の日時設定の代行

・給料交渉をしてくれる

・面接や入社日のスケジュールを代行してくれる転職活動の手続きをサポートしてくれる

・履歴書の作成でのアドバイスをしてくれる

・面接対策として練習に付き合ってくれる

ざっくり書き出してこんな感じでデメリットはありませんので利用しない手はないですよね。

「自分が重要視する事」の整理と「履歴書・面接対策」をしておこう

このサイトをみている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のみなさんが何を重要視するかで変わってきます。

そのためまずは条件を明確にしておくことが大切です。

「お金」「勤務地」「休日」「環境」など何を最優先させるかは転職エージェントに伝えられるようにしておきましょう。

そして履歴書や面接がしっかりしていないとせっかく良い求人を見つけてもそこで働けなくなってしまいます。

これらの相談も全て転職エージェントのスタッフが助言をしてくれますので、色々と相談していくのが最善の策でしょう!

最後に私がみた転職会社を4つ載せておきます。

全てのサイトに登録だけして情報収集するのが王道です。

意外と皆さん登録していなくて損をしている人だらけでので、このサイトをみた皆さんは損をする事がないようにしてください( ;∀;)

私がこのやり方で写真にあげたよう、年収・給料を上げているので皆さんもきっとできるはずですよ?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職エージェントサイト

第1位☆マイナビコメディカル 



・大手の転職サイトだから安心感あり

対象地域限定のため注意

・非公開求人もあり

・条件の良い求人も多数扱っている

・「職業紹介優良事業者」認定も取得している

・転職後までの手厚いサポートが魅力

マイナビコメディカル
会社 株式会社マイナビ
対象地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫のみ
お祝い金 なし
特徴 皆さんもきいたことがあるであろう、株式会社マイナビさんが運営しています。俗にいう大手の安心感がありますね。

迷ったらこちらと2位のPT・OT人材バンクさんの2つが私的におすすめです。

こちらのサイトはPT・OT・STの転職・就職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーもおり、若手に強い転職サポートがあります。「職業紹介優良事業者」認定も取得しており、電話やメールでの求人紹介もしています。地域が限定されているので注意が必要です。

第2位☆ PT・OT人材バンク


学生も登録できる転職サイト

・どの転職サイトよりも非公開求人が多い

該当する地域なら一押し

・利用者が多い

・給料の良い求人が多い

PTOT人材バンク
会社名 株式会社エス・エム・エスキャリア
対象地域 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、愛知県のみ
お祝い金 なし
特徴 学生さん用の登録もあるで、特に学生さんにもおすすめです!!
私も登録してますし、学校以外の求人も見たい人はここだけでも良いので試しに登録してみると良いと思います。
勿論経験者の方も、好条件の非公開求人を多数保有あり、専任コンサルタントがサポートしてくれます。常勤・非常勤選べて職場見学と面接の同行も可能ですよ。

第3位☆ メドフィット リハ求人.com 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

・対応地域は全国で地方の求人も豊富

・上記2つの対象地域外であればこちらもおすすめです。

・紹介スピードが転職サイトでは1番早い

・各分野に支援チームがあるからキャリアアドバイザーの専門性が高い

・管理職の求人も多い

MEDFit(メドフィット)
会社 株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
対象地域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。紹介のスピードには定評があります。非公開の求人も多数あります。現場の生の声もきけるので、人間関係など職場を選ぶポイントをおさえられます。

第4位☆ MC-介護のお仕事




・介護系(老健やデイ)に強い

・短期で働きたい主婦さんにおすすめです

・1日単位・短期・長期)を幅広く取り揃えている

・全ての雇用形態を取り扱っている

MC-介護のお仕事
会社 株式会社メディカル・コンシェルジュ
対象時域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。全国の求人をカバーし、好条件の非公開求人を多数保有しています。働き方も常勤・派遣・短期など選べ、専任のコンサルタントが転職サポートしてくれます。特に介護業界の求人には優れています。