言語聴覚士で転職したい人はすぐに辞める準備をして退職しよう

言語聴覚士(ST)で「給料(年収)が安いから転職したい!」「職場の空気が悪いから転職したい!」「定時上がりの職場を希望している」「シフト制ではなく土日休みが良い」など色々な理由はあるかと思いますが、言語聴覚士(ST)として退職して転職したくても、なかなか踏み出すことの出来ない言語聴覚士は全国にも沢山いるのではないでしょうか?

私自身は理学療法士(PT)をしていますが、新卒で病院勤務している時には、よく仲の良い言語聴覚士の同期と「早く辞めて転職したいよね」などと話していて、結果的に私も仲の良かった同期の言語聴覚士も退職して転職に成功する事が出来たというエピソードがありました。

このページは退職して転職したいけどなかなか踏み出すことが出来ない言語聴覚士に向けて、私から自身や友人(ST)の成功体験も交えてメッセージを書いていこうと思います。

このページをみて少しでも「やってやろう!とりあえず動いてみるか!」と思っていただければと思います。

言語聴覚士(ST)は人数が少ないので需要がある

言語聴覚士は理学療法士・作業療法士と比べると同じリハビリ職種であっても歴史が浅いため人数が絶対的に少ないです。

2018年度 有資格者数
理学療法士・・・161476人

引用:理学療法士協会統計情報

作業療法士・・・89717人

引用:日本作業療法士協会誌2018年5月号

言語聴覚士・・・約31000人

引用:一般社団法人日本言語聴覚士協会

2018年の有資格者数を調べてみたところ上記のような数字になっています。

パット見ただけでわかりますが、とにもかくにも言語聴覚士(ST)は理学療法士(PT)・作業療法士(OT)と比べると人数が少ないですよね。

理学療法士の約五分の一、作業療法士の約三分の一の数という事になります。

これだけ見ても病院や企業が募集をかけた際に、ライバルが少ない状態になりやすいですよね?

ライバルが少ないということは、言い方は悪いですが、仮に能力が劣っていたとしても、自分が望む病院や企業にに受かりやすい状態にあるのです。

超優良求人を見つけた際に採用されやすいという事です!!

これを生かさない手はないですよね?

言語聴覚士のかわりはいない

在職中の方はご存知かもしれませんが、デイサービスなどでは正直、理学療法士と作業療法士はほぼ同じ仕事をしています。

ようは理学療法士がやっているPLANを作業療法士も行う施設がおおくあるのが現状です。

そのため、作業療法士を採用したいけれど応募がなく仕方なく理学療法士で補っている施設や病院が多いのです。

しかし、言語聴覚士の業務を少なくとも理学療法士がやっている所は、臨床経験が10年近い私であってもほぼ見たことがありません。

多くの理学療法士・作業療法士は上肢や下肢のストレッチや筋トレが出来ても口腔の事はほぼ出来ていないのが現状なんです。

人数が少ない希少価値に加えて、より業務が専門的であることからかえがきかない!!

かなりの強みとなりますよね。

転職することで環境改善と給料・年収UPが狙える

転職したい理由は人それぞれですが、私は当時は以下のような理由がありました。

・年収は最低でも500万円以上欲しい

・パワハラもあり人間関係がきつかった

・土日に固定休みがほしい

・定時帰宅がしたかった

ざっくりあげると上記4つの事があり、転職しました。

信じられないかもしれませんが、私は上記の希望を全て叶えた上に年収は現在では500万円以上の600万円程度あります。

さらに職場環境も良くなり、ほぼ定時上がりの土日休みとなりました。

給料に関しては給与明細で示せると思いますので、画像を載せておきます。

令和元年5月の明細になります。

総支給で465000円あります。

手取りで377000円です。

これ位の給料が12ヶ月あり、ボーナス約40万円が2回ありますので単純に計算しても640万円位になりますね。(残業代は私は訪問リハビリをしているので、訪問件数によるインセンティブになるので事実上、残業はほぼなしです)

どうでしょうか?普通に就職して、リハビリ職で年収500万円以上狙うとなると病院などでは勤続15年位かつ役職に就くのが必須ですが、それを上回る年収となっています。

ちなみに私は20代半ばで現在の訪問リハビリを行い年収500万円はありました。

そして友人の言語聴覚士も私ほどではないですが年収500万円以上稼いでいるようで、職場環境も良くなったようです。

ではどのようにして優良求人を見つけたかというと、私も友人の言語聴覚士も無料の転職サイトにサクッと登録をして見つけました。

転職サイトに登録すると良いことづくめで、見学の日程調整・給料交渉・面接練習・履歴書添削・内部事情を教えてくれるなどメリットが沢山あります。

しかもすべて無料です。

デメリットはほぼなしです。。。信じられないでしょうが本当にたくさんの情報がありますよ??

言語聴覚士で転職したくて迷っている方でこのページをみて「行動しよう」と思ったのであれば、まずはサイトに登録して非公開求人などを見ても良いのではないでしょうか?

そして登録後は失うものは何もないので、自分の今の職場の不満や求めている条件を、きちんと転職会社のスタッフさんと話してみるだけ話してみるのが、転職を成功させるポイントになります。

最後に私や同期の友人言語聴覚士もみたサイトを載せておきますので参考にして下さい。

言語聴覚士(ST)におすすめの無料転職サイト

第1位☆ マイナビコメディカル 



登録は数分で簡単に出来るし個人的には一番おすすめ

大手の転職サイトだから安心感あり

対象地域限定のため注意

・非公開求人もあり

・条件の良い求人も多数扱っている

・「職業紹介優良事業者」認定も取得している

・転職後までの手厚いサポートが魅力

マイナビコメディカル
会社 株式会社マイナビ
対象地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫のみ
お祝い金 なし
特徴 皆さんもきいたことがあるであろう、株式会社マイナビさんが運営しています。俗にいう大手の安心感がありますね。

迷ったらこちらと2位のPT・OT人材バンクさんの2つを登録しておくのがおすすめです。

こちらのサイトはPT・OT・STの転職・就職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーもおり、若手に強い転職サポートがあります。「職業紹介優良事業者」認定も取得しており、電話やメールでの求人紹介もしています。地域が限定されているので注意が必要です。

第2位☆ PT・OT人材バンク


学生も登録できる転職サイト

・STの求人も多数あり

・どの転職サイトよりも非公開求人が多い

該当する地域なら一押し

・利用者が多い

・給料の良い求人が多い

PTOT人材バンク
会社名 株式会社エス・エム・エスキャリア
対象地域 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、愛知県のみ
お祝い金 なし
特徴 学生さん用の登録もあるで、特に学生さんにもおすすめです!!
私も登録してますし、学校以外の求人も見たい人はここだけでも良いので試しに登録してみると良いと思います。
勿論経験者の方も、好条件の非公開求人を多数保有あり、専任コンサルタントがサポートしてくれます。常勤・非常勤選べて職場見学と面接の同行も可能ですよ。

第3位☆ メドフィット リハ求人.com 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

・対応地域は全国で地方の求人も豊富

・上記2つの対象地域外であればこちらもおすすめです。

・紹介スピードが転職サイトでは1番早い

・各分野に支援チームがあるからキャリアアドバイザーの専門性が高い

・管理職の求人も多い

MEDFit(メドフィット)
会社 株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
対象地域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。紹介のスピードには定評があります。非公開の求人も多数あります。現場の生の声もきけるので、人間関係など職場を選ぶポイントをおさえられます。

第4位☆ MC-介護のお仕事




・介護系(老健やデイ)に強い

・短期で働きたい主婦さんにおすすめです

・1日単位・短期・長期)を幅広く取り揃えている

・全ての雇用形態を取り扱っている

MC-介護のお仕事
会社 株式会社メディカル・コンシェルジュ
対象時域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。全国の求人をカバーし、好条件の非公開求人を多数保有しています。働き方も常勤・派遣・短期など選べ、専任のコンサルタントが転職サポートしてくれます。特に介護業界の求人には優れています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする