コロナワクチン2回目の副作用と意識する事

コロナワクチンの1回目の接種も終わってきた方も増えてきましたね。

私自身は理学療法士をしていることから、コロナワクチンは1回目は5月頭、2回目は5月下旬に打ち終えています。

この記事では、これからコロナワクチン2回目の接種を受ける方も多く出てくるので、私自身がでた副作用とツイッター上に上がっている副作用、最後に私がワクチンを打つ前に意識していた事をまとめて書いていきます。

私がでた副作用

幸いなことに私自身は熱が出る、下痢になった、食欲がない、頭痛が酷い、嘔吐したなどの大きな副作用はありませんでした。

しかし1回目の時と同様にワクチンを打った肩関節の周囲が腫れてバンザイが出来ない(しにくい)こと、寝返りを打った際に腫れた肩が痛いことから、横を向いて寝れないという程度でした。

ちなみにこの筋肉痛のような痛みも1日程度でおさまりました。

ツイッターに報告されている副作用

様々な声が上がっており、やはり副作用はかなり個人差があるようです。

ワクチンを打つときに意識したこと

これは1回目の時の反省というか学びからでしたが、ワクチンを打つときは寝る向きを意識したほうが良いです。

右を向いて寝る人であれば左肩に打てば寝る時に苦痛を味わないで良いです。

まとめ

・副作用は打ってみないとわからない

・ワクチンを打つときは寝る向きを意識すると寝る時に楽。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする