作業療法士はビビらないで転職をしよう

作業療法士(理学療法士・言語聴覚士も含めて)の皆さんで転職したいけど、「給料・年収が減ったらどうしよう」「人間関係がさらにひどい環境にならないか?」など考えてしまい、なかなか転職活動に踏み込めないセラピストは沢山いるのではないのでしょうか?

今日はそんな作業療法士(OT)の方々に、需要はあるからビビらないで行動してみようという、メッセージも込めて記事を書いていきます。

まとまりのない記事かもしれませんが、少しでもこの記事を読んで、「よしっ!踏み込んで行動をおこそう」と思っていただければと思います。

リハビリ業界でも作業療法士は需要がある

日本は皆さんもご存知の通り少子高齢化社会であり高齢者の割合は、今後ますます高くなります。

高齢者が増えるという事は、それだけ作業療法士が必要という事になります。

私は現在は訪問看護ステーションから理学療法士として訪問リハビリをしていますが、特に精神疾患の利用者がちょいちょいいる状態です。

作業療法士は精神の勉強もしているので、精神分野の利用者の依頼が来た際にも重宝される印象があります。

そしてなんと言っても理学療法士と比べて人数が少ない事から希少価値が高いとも捉えることが出来ます。

2018年度 有資格者数
理学療法士・・・161476人

引用:理学療法士協会統計情報

作業療法士・・・89717人

引用:日本作業療法士協会誌2018年5月号

それぞれの協会によると倍まではいきませんが、それくらい理学療法士の方が多いのが現状です。

実際、私が勤務した職場でも理学療法士の応募や紹介はあるけど、作業療法士・言語聴覚士の応募がなかなかなくて困っている場面もありました。

それだけでも作業療法士の皆さんは、リハビリ業界で転職活動をする際に理学療法士より採用されやすいという強みがあると思いませんか?

転職したい理由はそれぞれ色々あるかと思います。

私は理学療法士をしていて、転職したい理由は複数ありましたが、書き出してみると。

もっと稼ぎたい(年収600万円以上狙い)

②パワハラがあり人間関係がきつかった

③土日休みが良かった

④定時で帰宅したかった

私は主に上記4つが転職したい理由でした。

この記事を読んでいるPT・OT・STのみなさんで上記4つに当てはまっている人はいるのではないでしょうか?

ちなみに私は上記条件をマイナビコメディカルなどの無料転職サイトを利用してすべて満たした職場を見つけることが出来ました。

給料に関しては私の現在の給料で証明出来るので、こちら見てみて下さい。

R1年5月のPTとして訪問看護ステーションに勤務している私の給料明細です。

総支給額は約47万円です。これに賞与が約40万円×2ですので単純に計算しても年収は600万円位になりますよね?

そして環境も土日休み定時上がりでパワハラもなくりましたよ!

私も無料転職サイトを活用して、転職活動を成功させたので皆さんにも活用して成功してもらいたいので私がみたサイトを4つ載せておきますね。

作業療法士(OT)におすすめの無料転職サイト

第1位☆ マイナビコメディカル 



登録は数分で簡単に出来るし個人的には一番おすすめ

大手の転職サイトだから安心感あり

対象地域限定のため注意

・非公開求人もあり

・条件の良い求人も多数扱っている

・「職業紹介優良事業者」認定も取得している

・転職後までの手厚いサポートが魅力

マイナビコメディカル
会社 株式会社マイナビ
対象地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫のみ
お祝い金 なし
特徴 皆さんもきいたことがあるであろう、株式会社マイナビさんが運営しています。俗にいう大手の安心感がありますね。

迷ったらこちらと2位のPT・OT人材バンクさんの2つが私的におすすめです。

こちらのサイトはPT・OT・STの転職・就職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーもおり、若手に強い転職サポートがあります。「職業紹介優良事業者」認定も取得しており、電話やメールでの求人紹介もしています。地域が限定されているので注意が必要です。

第2位☆ PT・OT人材バンク


学生も登録できる転職サイト

・STの求人も多数あり

・どの転職サイトよりも非公開求人が多い

該当する地域なら一押し

・利用者が多い

・給料の良い求人が多い

PTOT人材バンク
会社名 株式会社エス・エム・エスキャリア
対象地域 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、愛知県のみ
お祝い金 なし
特徴 学生さん用の登録もあるで、特に学生さんにもおすすめです!!
私も登録してますし、学校以外の求人も見たい人はここだけでも良いので試しに登録してみると良いと思います。
勿論経験者の方も、好条件の非公開求人を多数保有あり、専任コンサルタントがサポートしてくれます。常勤・非常勤選べて職場見学と面接の同行も可能ですよ。

第3位☆ メドフィット リハ求人.com 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

・対応地域は全国で地方の求人も豊富

・上記2つの対象地域外であればこちらもおすすめです。

・紹介スピードが転職サイトでは1番早い

・各分野に支援チームがあるからキャリアアドバイザーの専門性が高い

・管理職の求人も多い

MEDFit(メドフィット)
会社 株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
対象地域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。紹介のスピードには定評があります。非公開の求人も多数あります。現場の生の声もきけるので、人間関係など職場を選ぶポイントをおさえられます。

第4位☆ MC-介護のお仕事




・介護系(老健やデイ)に強い

・短期で働きたい主婦さんにおすすめです

・1日単位・短期・長期)を幅広く取り揃えている

・全ての雇用形態を取り扱っている

MC-介護のお仕事
会社 株式会社メディカル・コンシェルジュ
対象時域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。全国の求人をカバーし、好条件の非公開求人を多数保有しています。働き方も常勤・派遣・短期など選べ、専任のコンサルタントが転職サポートしてくれます。特に介護業界の求人には優れています。

国家資格で一生消えないから一般職にも挑戦しやすい

当たり前ですが、作業療法士の資格は余程のことをしない限りは一生消えない国家資格です。

このページをみている方が作業療法士以外の仕事に挑戦したいのなら、それはそれで良いのではないでしょうか?

私のまわりにも理学療法士をやめて全く違う業界に転職して、うまくいっている方もいますよ!

その人も初めは不安だったようですが、【リクルートエージェント】という無料の大手、転職サイトに登録をして求人を探していたら良い求人がみつかり、年収もアップして働きやすい職場に巡り合うことが出来て今でも働いている人もいますよ。登録も数分で簡単に行えます。

他の仕事をしてみて、やっぱり作業療法士の仕事も悪くなかったと思い返せる時が来れば、また戻ってくれば良いのです。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士という国家資格を持っている以上、今の段階では仕事の求人がなくなることはありません。少子高齢化社会はまだ続くので需要はいくらでもあります。

まとめ

このページをみている人は転職を少なくとも考えている方ですよね。

上記にあげたように正直、今の職場を辞めても作業療法士の皆さんはすぐに新しい職は見つかります!!

正直このページみている時点であなたは少なからず迷っている状態だと思います。

迷っているなら、すぐにでも動いてみよう!と私から再度言わせてください。

「リスクを取らなければリターンはない」という言葉がありますが、はっきり言って年収700万円以上の作業療法士が転職するなら話は別ですが、そうでないならリスクなんてないに等しいですよ!!!

まずは無料の転職サイトにサクッと登録だけでもして求人だけでもみてみてはよいのではないでしょうか?これはリスクないですからね!

では皆さんが動いて成功を手にするのを影ながら応援させていただきますね。