理学療法の学生が短期で高時給なバイトが出来るサイト

理学療法だけでなく、作業療法、言語聴覚、看護、薬剤、放射線、臨床検査などの医療系学生の皆さんの中でテストや実習が凄く忙しく、バイトもあまり出来ないで稼ぎが少なくて悩んでいる人も沢山いるのではないでしょうか?

私自身も理学療法士として訪問看護ステーションに勤務しており、大学生の頃は忙しく授業や実習に終われて忙しく過ごしてきたので、このページをみている学生さんの気持ちも良く理解できます。

学生の頃はどうしても学業が中心なためアルバイトが出来る時間も限られると思います。

しかしながら勉強だけではつまらないので、遊びに行ったり飲みに行ったりもしたいですよね。またアルバイトは社会経験にもなるので私自身もしておいた方が良いとも思います。

時間に限りもあるので、なるべく時給や日給で良い所で働くのが良いというのは言うまでもなくわかりますよね?

そこでこの記事では学生がどの位バイトして稼いでいるのかと、稼ぎやすく短期かつ高時給でお勧めのバイトサイトの紹介をしていきますので、参考にしてくれたらと思います。

実際にアルバイトは平均でどの位しているか

授業のある平日と休日に分けて書いていきます。

平日のアルバイト

学年にもよると思いますが、平日が授業のみであればアルバイトは出来ます。

実習中の平日は、次の日の行動計画やケアの予習など記録があるためかなり器用な良い人じゃないと厳しいのでやっている人は少ないです。

ちなみに私のまわりは、テスト前でもなく授業だけの時は、授業後に週3回位平日にアルバイトしていましたが、テスト前や実習中は休んでいます。

テスト前は勉強して暗記もしなくてはいけないし、実習中は記録があるし何より精神的にも休める時間が欲しかったのでそうしていました。

休日のアルバイト

テスト直前とかでなく授業しかない時はアルバイトは普通に出来ています。

しかしテスト1〜2週間前からはテストの科目数が多すぎてあまり入れていません。

また実習中に関してはレポートをしなくてはならないのでをアルバイトを入れると忙しくなりますからやれても短時間です。

平均時間のまとめ

平日と休日に分けて書いてみましたが、結局は実習やテスト前かどうかで決まってきます。

・テスト前や実習前でなければ週3回

・テスト前や実習時は週0回

こんな感じでしょうか。

ベネッセさんにもこんなデータもありましたので参考に載せておきます。

引用:ベネッセ

どれくらい稼げているか

学生さんがどの位稼いでいるかも気になりますよね。

文系などの普通の学生と比べて医療系学生は実習やテストもあり時間が一部制限されるのが

確認できたと思います。

さてどの位稼げているかというと、大体私の周りで多かったのは大体4~5万円位でした。

大体以下のデータ被りますね。

これくらい稼いできている人は、平日2〜3日、休日どちらかアルバイトに行っている感じでしょうか。

でも私的には4万円位の稼ぎであれば定時で入るのではなく、無料でバイト募集をみれるマッハバイトなどに登録して高時給の案件を単発で仕事をした方が効率良く稼げると思います。



多くの学生さんが月に4万円か5万円稼いでいるようですが、この金額であれば3日間くらい何かしらの仕事をすれば良いので、これなら忙しい学生さんでも出来るのではないでしょうか?

中の求人も見てもこのように色々な案件があるので自分に向いているものやしてみたい仕事を選んでみましょう。

またマッハバイトでは現在キャンペーンもしているのですぐに最大1万円もらえるのも嬉しいですよね。なにより自分が働きたいときに働けるというのが、忙しくなることがある医療系学生さんには一番うれしいポイントです。

悲しいですが表に出さないだけで、普通にカフェとかで働くとテスト期間などで休むと白い目で見てくる人も中にはいますからね・・・

まとめ

・バイトするのはテスト前や実習前でなければ週3回、テスト前や実習時は週0回

・稼いでる額の平均は4万円~5万円

・効率良く稼ぐならマッハバイトに無料で会員登録して働きたい時に高時給の案件を探して働こう(5万円位なら3日間程度の労働で稼げる)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする