モナコインを買う理由と半減期で価格はどこまで上昇するか

モナコインの半減期が9月7日とのことで残り40日をきりました。

この記事を書いている8月1日現在でモナコイン価格は213円となっています。

そこでこの記事では私がモナコインを買い集めた理由と価格はどこまで上がるかを書いていきます。

私がモナコインを買い集めた理由

ちょっと前に私がツイッターに投稿したものですが、簡潔に述べると上記のような理由でモナコインを買っています。

これに付け加えると①円ばかりで買われている②世界には広まってない③時価総額が低い、というのは私的には重要なポイントです。

何故重要かというと「伸びしろ」というものが期待できるからです。

時価総額が上位であるほど色々な人の思惑が重ならないといけないので、上値も必然的に重くなると思いますが、仮想通貨の時価総額でみても、MONAは現在52位で時価総額は155億円と上位5通貨(BTC、ETH、XRP、USDT、BCH)と比べても差は歴然な状態で、これらと比べると私は上値もまだ軽いと考えています。

モナコインの価格はどこまで上昇するか

皆さん気になっているのが価格であると思います。

結論を先に述べるとまだ上昇していくと私は考えていますので上目線でチャートをみます。

コロナショック前の300円を超えられるかに注目していますが、まずは現在の価格帯を抜けて250円辺りにチャレンジ出来るか次第です。

チャートをざっくりみていくと私はこんな感じで線を引けると思います。

現在は三角持ち合いでもあり、アセンディングトライアングルを作っているようにも見えます。

三角持ち合いに関してはフィボナッチの0.786ライン(250円)とダブルで超えることが出来れば300円が見えてくると言えます。

またアセトラのラインが300円ですので300円を明確に抜けると面白くなってきます。

この300円を抜けると途中400円のラインなどもあるかと思いますが、アセトラの定義から560円程度までの上昇が見込めます。

しかし560円位の価格は週足レベルであまり意識されていないことから、オーバーシュートして過去に意識された600円半ば。はたまた700円位までぶち上げることも考えられます。

いずれにせよ半減期も近いことから、今月もしっかりとチャートと向き合いどこで利益確定or買い増しをしていくかをしっかり考えていきましょう。

ちなみに私は去年からずっとツイートしていたように46円~150円までの価格帯で大量に仕込んだので買い増す予定はありません☆

初心者にもおすすめ!モナコインを買える取引所

仮想通貨に興味あるけども、どうやって買えば良いのかという方もいるかと思います。

私はコインチェックに登録しています。

初心者でもボタン一つで簡単に売買が出来るのでおすすめです。

登録も簡単ですので、皆さんもモナコインで一発当ててやりましょう!(^^)!

最後まで読んでいただきありがとうございました。