リハビリ系転職

PTOT人材バンクとマイナビコメディカルはどっちの評判が良いか比較

PTOT人材バンクとマイナビコメディカルは理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の方で転職を考えている人であれば、利用を考えるエージェントだと思います。それでも色々なサイトに登録するのはめんどくさいから、どっちかに絞りたいから比較して欲しいという人は多いのではないでしょうか?

少なくとも私はそう感じました。

そこでこの記事では評判(口コミ)、私が利用した経験を元に、PTOT人材バンクとマイナビコメディカルはどっちのサイトに優先的に登録するべきを書いていきます。

PTOT人材バンク マイナビコメディカル 比較

少しでもご参考になれば幸いです。

まずは両社がどんな会社か見ていきます。

まずはPTOT人材バンクから見ていきましょう。

PTOT人材バンクの会社概要

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のリハビリ職の転職サポートに特化した転職エージェントです。

「カイゴジョブ」の運営元である株式会社エス・エム・エスによって2008年に設立され、現在では「マイナビコメディカル」「メドフィット」など並ぶ大手転職エージェントです。

PTOT人材バンクの評判

評判をツイッターから拾ってきたので紹介しておきます。

私の声だけよりは信憑性が増すと思います。

どうでしょう。良い声もありますが、やはり共通しているのは連絡が多すぎるという事。

これに関しては私自身も実際に登録して感じました。

何度も今は再就職も決まったので大丈夫です。と言っているのにしつこく電話が来ることは実際にありました。

PTOT人材バンクの求人数

PTOT人材バンクは約18,000件と求人数はなかなかあります。

しかし基本は対応エリアは大都市の東京、札幌、宮城、埼玉、千葉、横浜、愛知、京都、大阪、神戸、広島のみと言うのがネックです。

PTOT人材バンクの強み(メリット)

PTOT人材バンクには他にはない強み(メリット)があります。

それは学生さんにも対応している点です。

PTOT人材バンク マイナビコメディカル

画像にあるよう、PTOT人材バンクでは学生さんの就活にも対応しているのです。そのため沢山求人を見たい学生さんにはお勧めであると言えます。

大学の求人だけでも良いのですが、就職成功の確率を高めるにあたり無料でもあるので登録して損はないと言えるでしょう。

次にマイナビコメディカルも見ていきます。

マイナビコメディカルの会社概要

マイナビコメディカルは皆さんも聞いたことがあるであろう、超大手企業のマイナビが運営していますから安定していると同時に安心感があります。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士などの医療系の求人に特化した転職サイトです。

大手の転職サイトならではの営業力やノウハウを持っているため、それを受け継いでいるマイナビコメディカルは信頼性は非常に高いと言えます。

大手のマイナビならではの繋がりからホワイト企業の求人も沢山ある印象です。

また、マイナビは個人情報保護の厳しい基準を満たした「プライバシーマーク」や、日本の中でも認可を受けている企業が非常に少ない「職業紹介優良事業者」の認定を受けています。これ等により信頼性が高まり、安心して利用することが出来ます。

マイナビコメディカルの評判

こちらも私だけの声より世間の声をリアルに伝えた方が信憑性が増すと思うので、ツイッターから声を拾ってきました。

良い声が多くあります。

そしてPTOT人材バンクと比べて連絡がしつこいという評判(口コミ)はないに等しいです。また学生には不向きという事もわかるツイートもみられていますね。

マイナビコメディカルの求人数とメリット

マイナビコメディカルは流石超大手であることから約40,000件の求人を抱えています。

しかし対象地域はPTOT人材バンクよりは拡大されますが、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知 ・三重・奈良・京都・大阪・兵庫・和歌山・滋賀・広島・岡山と地域が限定されているのがネックです。またこちらは学生はあまり対応していないです。

マイナビコメディカルの強み(メリット)

メリットと言うか強みに関しては、会社概要でも述べたようにマイナビコメディカル超大手であり安心感があるところではないでしょうか。

また無料で利用出来て営業のような迷惑電話もなく、求人も沢山あります。

そして私自身も助かりましたが、登録しておく事でめんどくさい事(見学日程の調整、面接練習、履歴書指導、給料交渉)もしてくれるので、無料だし利用しない手はありません。

特に給料交渉はお金事は自分じゃ言い出しにくいから本当に助かりましたよ!!

誰でも給料(年収)はアップするわけではないですが、給料(年収)UPを狙っているのであれば、チャンスはありますから登録して求人をのぞいてみてはどうでしょうか?なんせ無料でノーリスクですので。

ちなみに私の理学療法士の頃の給料は以下の画像です。

マイナビコメディカル 稼げた

病院から訪問リハで30万円から50万円に大幅UPしています。

ちなみに私は2年目で訪問に行きましたが、全然出来ますから、稼ぎたい若手セラピストもビビらないでチャレンジしましょう。他の記事でも書いていますが、訪問は良く経験4年は必要とか言いますが、あれはベテラン(先輩)が後輩に威張りたいというかマウント取りたいだけです。本当に症状がやばい人は自宅でリハビリやりませんし、訪問の事は訪問で学ぶのが一番です。

まとめと結論

マイナビコメディカルの方が求人数も多くて超大手でもあるから安心感がある。そして電話も良い意味で少ないので私的にはマイナビがおすすめ!

PTOT人材バンクは学生にも対応しているが電話も多いから、社会人でなら優先順位は低い

マイナビコメディカルの対応エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知 ・三重・奈良・京都・大阪・兵庫・和歌山・滋賀・広島・岡山)外ならメドフィットが個人的には全国対応していて良かった

・社会人なら優先度的にはマイナビコメディカルメドフィットPTOT人材バンクの順番で登録。私的には2つで十分

・学生さんならPTOT人材バンクに登録

どれも無料で失うものはないので皆さんも、うまくエージェントを利用してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。