理学療法士の平均年収406万円では将来がヤバすぎる!?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の皆さんの中で平均年収で満足してしまっている方に向けて今日は発信していきます。

結論から述べると理学療法士・作業療法士・言語聴覚士で平均年収の方は現役期においても底辺生活に近い状態となりヤバいです!

そこで今日は理学療法士の平均年収と生涯賃金比較、昇給と昇格について、なぜマズイのか、今後どうしたら良いのかをまとめておきます。

理学療法士の平均年収と生涯賃金比較、昇給と昇格について

理学療法士の平均年収は約406万円とされています。(厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査より)平成27年度の国民生活基礎調査によると日本国民の所得は427万円(中央値)とされている。

上記より理学療法士の平均年収は406万円であることがわかります。

(作業療法士・言語聴覚士も平均年収は406万円前後だと思います)

また生涯賃金で言えば理学療法士は中卒以下というのも現実としてあります。

(作業療法士・言語聴覚士も生涯賃金は中卒以下)

学歴 生涯収入
中卒 約1億9000万円
高卒 約2億1000万円
専門・短大卒 約2億2000万円
大学卒 約2億7000万円
理学療法士 約1億8000万円

※生涯年収は男性を基準にしています

高い学費出しているのにこれが現実です。

さらにこの仕事は1年目が治療しようが10年目のセラピストが治療しようが診療報酬は変わらないため昇給しにくいのが現実で、最悪一生年収400万円も覚悟しなくてはなりません。

22歳~65歳まで43年間を年収406万円で働くとこの位の数字にはなりますね。

(43年×406万円=1億7458万円)

理学療法士の昇給と昇格事情はこちら

PT・OT・STの昇格と昇給事情。 特に経験の浅い人は気になると思います。 そこで今日は主に病院や施設で働いている、リハビリ職の...

なぜ平均年収406万円ではマズイのか

現役の頃はどうにかなるかもしれませんが、老後の生活が大変になることが考えられます。

今の世の中、年金を当てにできません。

年収が一生400万円前後で、結婚して家庭を持ち子育てをして、自宅を購入したらどうなるでしょうか?

家庭は火の車!!

その日暮らしで精一杯ですよね・・・

つまり貯蓄に回せないことから、先日の麻生大臣の発言にある資産運用にお金を回せなくなるのです。

ニュースで話題になりましたが、金融庁が退職後に2000万円が不足する例もあるとして若いうちから資産運用が必要と報告書をまとめたことを受け、麻生財務大臣も資産形成の重要性を強調しました。 

麻生財務大臣:「100まで生きる前提で退職金って計算してみたことあるか?普通の人はないよ。そういったことを考えて、きちんとしたものを今のうちから考えておかないかんのですよ」 金融庁の報告書は平均的な高齢夫婦の場合、公的年金などでは毎月約5万円の赤字が続き、退職後の30年で2000万円が不足する例を挙げています。そのうえで年金の受給額の減少を見据えて若いうちから投資をすることを推奨している。

参考)テレビ朝日

となると自分で老後の生活資金を貯める必要がありますよね。

理学療法士の年収では貯蓄出来ないし、さらには理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の退職金なんて、これもまた少ないのであてには出来ません。

私個人としても麻生大臣の発言は間違っていないと感じて色々と行動しています。

ではどうしたら良いとかというと転職と投資を始めてみようという事です。

平均年収や平均以下の理学療法士は転職活動と投資活動をしよう

転職活動

年収が低い方や平均位の方、早く転職活動をして給料の良い職場でセラピストをしていく事をお勧めします。

私の年収はブログタイトルにあるように約600万円位です。
自慢ではないですが、ほとんどの理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は年収600万以下のため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の中では稼いでいる方だと思います。

令和元年5月の給料明細はこちら

令和時代になってはじめて給料が支給されたので、今日は令和時代初の理学療法士(私)の給与明細を公開します。 作業療法士・言語聴覚士の方に...

ではどのようにこのようにしてこのように、俗にいう高給取りになったかというと、転職サイトに登録して良い求人を探しただけです。

意外と皆さん登録さえしていなくて損をしていると思います。

おすすめの求人サイトを4つ載せておくので、登録してみてください。

なるべく4つ全て登録するのがおすすめです!

おすすめの転職サイトはこちら

私も登録した、PT・OT・STのおすすめの転職・求人サイトの比較をしていきます。 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職・求人サイトの比...

投資活動

このブログにも仮想通貨の予想を少しだけ書いていますが、私は他にも株式や為替も行っています。

麻生大臣も述べている他に、現在は銀行に貯金していても金利は少ないのです。

時代的背景もあることから積極的に投資はしていくべきと私は考えています。

投資をすることの重要性は以前記事にしましたので、その時の記事をご覧ください。

理学療法士の給料事情などから、投資することの重要性を書いていきます( ;∀;) まず理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師などの医...

まとめ

・理学療法士の平均年収406万円では生涯賃金は中卒以下

・年収が低い人は早く転職サイトに登録して転職活動をしよう

・転職して給料がアップしたら投資をして老後に備えよう

ざっくり述べるとこんな感じでしょうかね。

やはりお金は生きていくのに必要なものになります。

私も頑張りますので、全国のセラピストの皆さんも少しでも豊かな老後が送れるよう頑張っていきましょう(^^)