理学療法、作業療法の国家試験に落ちた貴方へ

理学療法士・作業療法士に加えて言語聴覚士の国家試験に落ちてしまうと精神的にもきつい状態ですよね。恐らくこのページをみている人は国家試験に残念ながら落ちてしまった。もしくは当落線上にいる人ではないでしょうか?

そこでここではそんな皆さんに向けて落ちてしまっても、落ち込まなくて良い理由や来年受かるためにやりたい事と生きていくにはお金も必要になってきますのでおすすめの働き方を浪人経験もあり経験10年の理学療法士が書いていこうと思います。

前向きに捉えよう

まずはこれ!!

落ち込むのもわかりますが、落ち込んでいる所で結果は変わりません。

セラピストにデビューするのは1年遅れる事になりますが、フリーター生活もそんなに悪いものじゃないですよ。

それに5年、10年と時間が経過すれば笑い話にもなり話のネタにもなります。

それにたかだか1年の経験の差なんて3年目以降はたいして気になりません。

やりたいことをやろう

この機会に海外や国内など自分が行ってみたいところに旅行するなどしても良いと思いますよ。

また理学療法・作業療法以外の世界に目を向けてみるのも悪くないです。

それでも旅行にいったりやりたいことをやるにはお金が必要なのが現実です。

それに来年こそは国家試験に合格しなくてはなりませんから勉強もおろそかには出来ないのでバランスよくこなすことが大切です。

勉強と稼ぎの両立

国家試験の勉強は9月位からある程度本気で取り組めば良いかと思います。

春から夏休み位までは緩く行う程度でフリーターを楽しみましょう。

国家試験に落ちてしまい、内定先からバイトで雇用されている人もいれば、内定取り消しになった人もいると思います。もしくは国家試験の勉強に追われて就職活動をしていなかった(中断していた)人もここは人それぞれだと思います。

内定先からバイトで助手として雇用されている人は稼ぐ手段があるので良いと思いますが、内定取り消しやバイト先がない人はどうせなら効率良くサクッと稼ぎたいですよね。

稼ぎたい金額にもよりますが、勉強もしたいと思いますので、毎日チョビチョビ短時間でやると結局疲れて勉強しても眠たかったりで暗記さえすれば得点につながる精神の分野辺りがなかなか覚えられないという事に繋がります。

そこで私的におすすめな働き方は、バイトすらバイトするで1日はバイトしかしないと割り切ることです。

短期・単発バイトで数日でガツンと稼いでしまおう

例えば月5万円程度の稼ぎたいという事であれば3日間だけ集中して自分が都合が良い日だけを選択して働くのがオススメです。

1か月30日あるので、3日働いても27日間はフリーになりますね。

どこでこんな都合の良いバイトさがせるかといえば、Twitterでも話題になっていますが、マッハバイトがなかなか良いようで歓喜のツイートがあります。

またマッハバイトでは現在キャンペーンもしているので、すぐに最大1万円もらえるのも嬉しいですよね。


まとめ

・国家試験に落ちても落ち込まないで前を向く

・本気で勉強を再開するのは9月位から

・バイトする時はマッハバイトに無料で会員登録して短期集中で稼ぐ


では来年こそは国家試験に合格できるようメリハリつけた生活を前向きに送ってくださいね。

画面の先の皆さんに明るい未来がある事を影ながら祈っています。