40歳代の理学療法士の転職は不利!注意点と対策を解説!!

このページでは40歳代の理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)が転職は不利なため、どうしたら有利に転職出来るかを書いていきます。

30歳代を終えて40歳代となると理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)という国家資格を持っていても転職出来るのか心配になっているセラピストもいるかと思います。

普通に考えても40代は20代や30代よりも転職の面では不利になりやすいです。

なぜかというと、採用者側としては40歳代は20代や30代と比べて長く生きていることから経験を重ねた分、プライドも高くなり、固定観念を持ち柔軟性がなくなっている人の割合が増えてくる事から扱いにくくなる事に加えて人件費もかかるためです。

理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)は、単位数を取ることで会社の利益になります。つまり若い20歳代の新人でも40歳代のベテランでも同じ単価であり会社(病院や施設)にもたらす金額は同じであるのです。

20歳代のほうが基本給(給料)を低く抑えられますし、いじりやすい事もありスタッフや利用者(患者)ウケも良く将来性もあります。

またさらに転職をすることで給料(年収)が下がる確率も高くなりやすいので、結婚をしていて配偶者や子供がいる方はリスクも生じることから行動もとりにくいです。

理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)は資格の仕事のため、転職しやすい職業ですので40歳を超えても転職は可能ですが、行動前に自分の頭でしっかり考えて色々整理しておくことが大事です。

ここからは40歳代の理学療法士が転職する際の注意点や転職の対策ついて解説していきます。

40代理学療法士が転職する時の注意点

この年齢になると自分一人だけの気持ちで転職するのはリスクを伴いますので注意が必要です。

なぜかというと40歳代ですと、家庭を持ってる人の割合も増えているでしょう。また子供さんがいる方は、子供の学費や家計も考える必要があるからです。

よって「他の事がしたい」「人間関係が嫌だ」「上司とあわない」からと気軽に転職しようと考えるのは良くないです。

40歳代ですと家庭を持ってる人がほとんどだと思います。ましてや子供がいる人では、子供の学費や生活費のことも考えなければいけません。

お金がなければ家賃(ローン)も払えないしご飯も食べることが出来ません。

よって年収(給料)ダウンをしないよう注意が必要です。

また短期間で再度転職しないように、どのような職場環境(嫌な上司や同僚がいないかなど)なのかを調べることが大切です。

しかし現実は40歳代で一人で転職活動をするのは給料が下がる可能性の方が高いのできちんと対策をする必要があります。

40歳代の転職はどんな対策をする必要があるか

これまで書いてきたように40歳代の転職は不利なのがわかってきたかと思います。

しかし40歳代でも転職においてアドバンテージを発揮する場合があります。

もし求人サイトで呼吸理学療法が得意な人材なり、管理職や役職者を求めている職場があったらどうでしょう。

臨床経験や人生経験豊富な40歳代の方が、患者さんに適切なアプローチをすることも出来ますし、人をまとめるのが上手そうだと判断されやすいです。

そう!!

40歳代の理学療法士が転職する時は実績や経験をアピールする事が大切です!!

わかりやすくアピールポイントを用意してまとめておくことが対策の一つとなります!!

と言われてしまうと、のんびりただ何となくセラピストやっていただけな方も沢山いるかと思います。

そんな方でも若い時に比べて何かしら経験をしているので何かしら実績があるはずです。

学生のバイザーをしていた、新人教育を担当していた、チームリーダーをしていた、一人職場で一人で業務をまわしていた、などでもオッケーです。

福祉住環境コーディネーター2級などの資格があるなども良いですが、その資格を持っていることでどう生かしていけるかをアピールしていかなくては転職を有利に働かせることは出来ないので考えておきましょう。

そしてさらに重要なのが、40歳代の画面の先の貴方がこの病院(会社)に入って何が出来て何がしたいのかを明確にしてアピールして熱意を伝えていけるようにしましょう。

また40歳代となると臨床経験も20年前後とベテランの域にもなります。

転職して新しい職場でも大学の教員関係などでない限りは年上の方の方が少ないかと思います。

年下のセラピストに無意識に上から目線になってしまうこともあるかもしれませんが、既に入職している人は貴方の先輩になります。

それが、たとえ年下でもセラピストとして経験年数が短くてもです。

くれぐれも謙虚な姿勢で新人の気持ち位でいくと良いと思います。

理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)は需要はあるので、求人は沢山あります。

年収(給料)や職場の人間関係に不満で転職したのに、後々後悔しないようにしましょう。

短期間で理想の職場を探したいものですよね?

まずは、無料の転職サイトに登録して求人情報を集めるのがオススメです。

無料転職サイトを活用する

無料の転職サイトに登録すると、そこの人から交渉や内部給料事情、面接練習、履歴書制作のアドバイスをもらえます。

こうすることで給料は高いけど環境は最悪などといった職場を避ける確率を上げることが出来ます。

最後に私もみた転職サイトを載せておきます。非公開の求人もあり見てみる価値はあります。

この方法で私自身も年収アップにつなげたので皆さんもやってみてくださいね。

ご参考に私の給与明細も張り付けておきます。

総支給額は約47万円で、手取りでも約38万円(年収換算600万円)

意外と求人サイトに登録していなくて損をしている理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の人が多いとも感じます。

成功させるコツとしては、求人サイトごとに扱う求人は違うのでお住いの地域などもみてなるべく沢山登録して見つけるのが良いです。

私も見た無料転職サイト

第1位☆マイナビコメディカル 



・大手の転職サイトだから安心感あり

対象地域限定のため注意

・非公開求人もあり

・条件の良い求人も多数扱っている

・「職業紹介優良事業者」認定も取得している

・転職後までの手厚いサポートが魅力

マイナビコメディカル
会社 株式会社マイナビ
対象地域 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫のみ
お祝い金 なし
特徴 皆さんもきいたことがあるであろう、株式会社マイナビさんが運営しています。俗にいう大手の安心感がありますね。

迷ったらこちらと2位のPT・OT人材バンクさんの2つが私的におすすめです。

こちらのサイトはPT・OT・STの転職・就職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーもおり、若手に強い転職サポートがあります。「職業紹介優良事業者」認定も取得しており、電話やメールでの求人紹介もしています。地域が限定されているので注意が必要です。

第2位☆ PT・OT人材バンク


学生も登録できる転職サイト

・どの転職サイトよりも非公開求人が多い

該当する地域なら一押し

・利用者が多い

・給料の良い求人が多い

PTOT人材バンク
会社名 株式会社エス・エム・エスキャリア
対象地域 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、愛知県のみ
お祝い金 なし
特徴 学生さん用の登録もあるで、特に学生さんにもおすすめです!!
私も登録してますし、学校以外の求人も見たい人はここだけでも良いので試しに登録してみると良いと思います。
勿論経験者の方も、好条件の非公開求人を多数保有あり、専任コンサルタントがサポートしてくれます。常勤・非常勤選べて職場見学と面接の同行も可能ですよ。

第3位☆ メドフィット リハ求人.com 

リハビリ職の求人なら「メドフィット リハ求人.com」

・対応地域は全国で地方の求人も豊富

上記2つの対象地域外であればこちらがおすすめです。

・紹介スピードが転職サイトでは1番早い

・各分野に支援チームがあるからキャリアアドバイザーの専門性が高い

・管理職の求人も多い

MEDFit(メドフィット)
会社 株式会社Genten Links(ゲンテンリンクス)
対象地域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。紹介のスピードには定評があります。非公開の求人も多数あります。現場の生の声もきけるので、人間関係など職場を選ぶポイントをおさえられます。

第4位☆ MC-介護のお仕事




・介護系(老健やデイ)に強い

・短期で働きたい主婦さんにおすすめです

・1日単位・短期・長期)を幅広く取り揃えている

・全ての雇用形態を取り扱っている

MC-介護のお仕事
会社 株式会社メディカル・コンシェルジュ
対象時域 全国対応
お祝い金 なし
特徴 PT・OT・ST求人サイトです。全国の求人をカバーし、好条件の非公開求人を多数保有しています。働き方も常勤・派遣・短期など選べ、専任のコンサルタントが転職サポートしてくれます。特に介護業界の求人には優れています。